月餅tea time

月餅tea timeのblog

中国留学時代の話、中国・台湾旅行記、街ぶら、日常見たもの勝手にレポート、随筆、どうでもえぇ話お届けします

【神戸】坂の上の異人館(旧中国領事館)へ行ってきました

 

 f:id:geppeiteatime:20170909230949j:image

 今回は、神戸北野異人館エリアに、旧中国領事館があるというので行ってみました

 

 【目次】

 

スターバックスから坂の上の異人館

f:id:geppeiteatime:20170914151418p:image

 ▲三宮駅から、スターバックス神戸北野異人館経由のアクセスはこんな感じです

 

スターバックス北野異人館店の記事はこちらです▼ 

geppeiteatime.hatenablog.com

 ↑こちらのスタバから坂の上の異人館へは徒歩8分▼

f:id:geppeiteatime:20170929015126j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223008j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223035j:image

 細い坂道を上っていきます

 

坂の上の異人館

 

f:id:geppeiteatime:20170907223056j:image

 

 名前のとおり、おおかた坂の一番上あたりにありました「坂の上の異人館」旧中国領事館です

 

外庭

f:id:geppeiteatime:20170907223126j:image

 ▲門を入ってすぐの所にある円形の壁門

狛犬(こまいぬ)は日本の神社などでも見かけますが、獅子のような犬のような一対の獣の像ですが、魔除けの力があるとされ、この門を潜ると愛情に恵まれるのだそうです。

 

f:id:geppeiteatime:20170907223142j:image

 ▲清朝末期の皇帝 光緒帝(1871-1908)

中国の通信社中国新聞社によると、清朝末期の皇帝 光緒帝の死因がヒ素中毒である事が専門家の調査で分かった。専門チームは2003年に調査を開始し、光緒帝の遺髪や遺骨そして衣服などをX線などで科学的に調査の結果、衣服の一部や頭髪から致死量を超えるヒ素が検出された。

清末の改革を進め、最高権力者の西太后(1835-1908)に幽閉された光緒帝は1908年11月に30代の若さで突然死、その翌日に西太后が病死した。

皇帝の異常な死を巡って、これまで毒殺説と自然死説が併存してきた。「毒殺の首謀者」については、古くから西太后や、後に清朝を倒し中華民国大統領になる袁世凱(1859-1916)らの名前が挙がっている。

(外庭の壺の上にあった説明書きです)

 

f:id:geppeiteatime:20170907223201j:image

 ▲玄関

f:id:geppeiteatime:20170907223218j:image

 ▲螭首亀趺(ちしゅきふ)

亀の形に螭(みずち:角のない竜)の頭の形を刻んだ、石碑の台石のことである。起源は中国で、先祖を守護する聖獣といわれ、家を守るとも伝えられている。

 

館内の様子

f:id:geppeiteatime:20170907223232j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223246j:image

 ▲百乳文鐘

西周(BC1050〜BC771)の時代のものとされる。用途は祭祀の鐘という説が有力だが定かでない。

 

f:id:geppeiteatime:20170907223300j:image

 ▲俑馬

俑は中国古代から用いられている副葬品(亡骸と一緒に墓の中に納めるもの)で、これは五人の奏者を乗せた馬車を型どった焼き物。漢時代の生産とされ、当時の中国の風俗が窺われる。

 

f:id:geppeiteatime:20170907223314j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223335j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223350j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170908180054j:image

 ▲階段の壁にかかってました。ここから2階です

f:id:geppeiteatime:20170907223413j:image

 ▲▼バスルーム

f:id:geppeiteatime:20170907223435j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223506j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223522j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223553j:image

 ▲▼バルコニー

f:id:geppeiteatime:20170907223611j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223625j:image

 ▲寝室・ベッドと着物

f:id:geppeiteatime:20170907223644j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223705j:image

 

 ▼衣装の絵柄

f:id:geppeiteatime:20170907223721j:image

竜の絵について

古代中国では、竜の絵に4本指と5本指とを描いています。

2階寝室・衣装の絵柄:黄衣(おうい)といい、5本指の竜が描かれていることから、皇帝の衣装と思われます。

2階の壺:赤い竜は中国で縁起が良いとされています。こちらの竜は5本指なので、皇帝のそばにあったものだろうと推測されます。

2階テラスの香筒:「雲竜香筒」5本指の竜と共に雲がモチーフになっています。こちらも王室との関係を示唆するものです。(この写真では見えにくいです、テラス内は立入禁止でした)

 ▼2階の一対の壺

f:id:geppeiteatime:20170907223741j:image

 

 ▼2階テラスの一対の雲竜香筒(写真左端)

f:id:geppeiteatime:20170909134223j:image

▼外庭にあった壺

f:id:geppeiteatime:20170907223806j:image

 

異人館クイズ

f:id:geppeiteatime:20170914150836j:image

 ▲▼2階に「異人館クイズ」がありました

中国ではよく門の両側に二頭の狛犬が見られます。そのうちメスの方は前足で自分の子を押さえていますが、オスの方は丸い〝まり″の様なものを押さえています。さてこの〝まり″は何を表しているのでしょう?

①水晶

②地球

③太陽

(答えは裏にあります)

答えは、何だと思いますか?

f:id:geppeiteatime:20170914150844j:image

▲答えは②地球

豆知識:オスの手に地球を押さえさせることで、世界を統一するという精神を表しています。

 なるほどなるほど。こういう思想から来てるのかな。と、妙に納得…

 

坂の上の異人館から風見鶏の館までの道

 なんかいろいろありそうな旧中国領事館「坂の上の異人館」をあとにしまして、そのまますぐ上の道なりに歩いていきますと

心癒されるキレイなお花

f:id:geppeiteatime:20170907223821j:image

 

f:id:geppeiteatime:20170907223834j:image

 こちらも元は異人邸宅、今はレストランになっています

f:id:geppeiteatime:20170907223852j:image

 

旧ハンター邸

f:id:geppeiteatime:20170907223909j:image

 

▲▼旧ハンター邸

現在はウエディングスペースになっており、「伝統的建造物」に指定されています

一般公開はされていないので、ご用のない方は中には入れません

 

f:id:geppeiteatime:20170909141755j:image

 

ハンター坂ってあるけど、このハンター氏に因んだネーミングだったことを知りました

ご興味のある方は下の写真を拡大、或いはこちらのサイトをご覧ください▼

エドワード・ハズレット・ハンター - Wikipedia

 

f:id:geppeiteatime:20170909143623j:image

 

更にてくてく。道なりに歩きますと、「風見鶏の館」に到着しました

 

f:id:geppeiteatime:20170907223936j:image

 

風見鶏の館は、また次回に続く…。

 

 異人館ネット|異人館料金表|

 

異人館ネット|異人館料金表|

 

f:id:geppeiteatime:20170907224443j:image