月餅tea timeのblog

中国留学時代の話、中国・台湾旅行記、街ぶら、日常見たもの勝手にレポート、随筆、どうでもえぇ話お届けします

【handmade】蜂退治と虫除けアロマスプレーを手作り!

 

 f:id:geppeiteatime:20170710225648j:image

【目次】

 

 虫除けアロマスプレー作り

アロマオイルで手作り虫除けスプレーの巻です。

(アロマオイル=エッセンシャルオイル精油と類義。本blogにおいては以下「精油」に統一します)

 ▼この記事は前号のhandmadeのお話から続いています

geppeiteatime.hatenablog.com

 

用意するもの

精油

    などの、虫が嫌う系の精油

    お好みでラベンダー・ローズマリースペアミントなどを加えるのも宜しいでしょう。

今回、精油につきましては100均のものは避けます。

②無水エタノール5㎖

精油を薄める為に使います。アルコールにお肌が負けてしまう方はホホバオイルで代用しましょう。

ドラッグストアで購入できます

③精製水もしくはミネラルウォーター45㎖

精製水もドラッグストアで購入できます

④スプレー容器

生活の木」などアロマ系商品取扱店舗のガラス製ボトル・プラスチック製ボトルなどがお勧めですが、100均seriaさん・DAISOさんにもアルコール液対応のプラスチック製スプレー容器を販売されています。「アルコール液対応」と書かれていないプラスチック製ボトルは大概裏面に小さく「アルコールを入れないでください」の注意書きがあります。100均のモノを使ってみて駄目だと思うならグレードアップしたモノに替えれば良い、私はそう思っています。

容器の大きさは今回50㎖を使います。

⑤容器に貼る表示ラベル

用途と使用精油を書いておくと良いでしょう

私は100均の名前ラベルを使用しました

⑥計量容器

 20㎖計量容器はアロマのお店などで販売していますが、お家にある計量スプーンでも良いかなと思います。

 

f:id:geppeiteatime:20170711021653j:image

(20㎖計量容器・精油5㎖)

上の写真にはスポイトもありますが今回特に使いません

 

 作り方

①スプレー容器に、無水エタノール5㎖を入れます。

精油を10滴加え、軽く振って混ぜます。

今回は、上記の5種類の精油各2滴ずつ落とします。

③精製水45㎖を加え、蓋を閉め、よく振って混ぜます。

④ラベルを貼ったら完成!

 

* 尚、小さなお子様に使用する場合は、精油の量は1〜5滴で作ります。

 

f:id:geppeiteatime:20170712154226j:image

(50㎖ガラス製ボトル・ラベルは手書き)

 

如何ですか?

作り方は超簡単、混ぜる〜だけ〜。

 

使い方

 ①精油と水が分離しやすいので、ご使用前によく振ってください。

②香りが薄れると効果も下がりますので小まめにスプレーします。

小さなお子様には、直接お肌にではなく、お洋服やタオル・ベビーカーなど間接的にスプレーしてお試しください。

 

ご注意点

①保存料など入っていませんので、冷暗所に保管し1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

②お肌が敏感な方は、ご使用前にパッチテストをしましょう。

③お肌に合わない時は使用を中止しましょう。

好きな香りでしたらエアスプレーとして使用できますね。

 

香りは自律神経にも影響

香りは基本、好きなもの・不快にならないものを選びます。

香りは大脳辺縁系に作用し、ヒトの本能的な分野・情動・自律神経系に影響を及ぼすと考えられています。

  • よく眠れる
  • 気分があがる
  • なんだか体調が良いかも

の様な「何となく良い感じ」の変化もその働きと考えて宜しいでしょう。

ですので、人様に差し上げる時も、念のためにテスター(或いは自前のスプレー)で 香りをチェックしてもらい、イケるかイケないかを予め訊いてあげられると宜しいかと思います。

 

 

           🌿  ♢  🌿  ♢  🌿  ♢  🌿  ♢  🌿  ♢  🌿

 

虫除けアロマスプレーを作ってみようと思ったきっかけ 

 ところで、実はコレ作ってみようと思い立ったのはあるきっかけになる事件がありまして、

 f:id:geppeiteatime:20170712180537j:image

この絵、合ってますかね、蜂です(笑)

 

6月下旬、うちのベランダで蜂の巣を発見したんです。

まじでーー!?  Σ(゚д゚lll)

「怖い」という感情より「めんどくさいー、見んかったことにしよかなー」という感じで。

しかし今は何でもネットで教えてくれる人がいますから、まぁ思い直して「蜂退治」で検索してみることに。素人にも分かりやすく蜂の見分け方・蜂退治の方法・注意点など詳細に書かれています。

 

蜂退治のサイトを読んで分かったポイント

  • 4月中旬〜6月から巣作りを開始する。初めは女王蜂1匹〜数匹の働き蜂のみの小さな集団であることが多い。徐々に働き蜂の数と巣を大きくしていく。
  • ↑この時期(巣がまだ小さいうち)に見つけたのなら、ヤルのは今だ❗️巣が大きくなる前に駆除してしまいましょう、しかも一撃で!
  • 夜は活動休止状態に入るので、退治するなら時間帯は、深夜〜早朝にすべきである。
  • 退治時の格好は、帽子・ゴーグル・マスク・ゴム手袋などで肌の露出を無くす。(黒髪と黒目に蜂は反応するらしいので、目と頭には特に注意)
  • 使用するのは強目の殺虫剤(ゴキブリ用や蜂用)。それを巣に向かって30秒間ほど吹き付ける。

 

                       _φ(・_・  ♢  _φ(・_・  ♢  _φ(・_・

 

ふむふむ、なるほど…

って、もう6月末やし。今ヤらなあかんちゅーことやんね。

因みに、8月〜10月は蜂が最も活発な時期で、攻撃性も巣も大きくなっているので、放置しておいても危険が無いようなら極力この時期の駆除は避けるべきだそうです。

11月〜3月は女王蜂が冬眠してることが多く、巣は空家の可能性が大なので、念のため殺虫剤をかけてから駆除すれば良いそうです。

 

            🌙  ♢  🌙 ♢  🌙  ♢  🌙  ♢  🌙  ♢  🌙

 蜂退治、いざ出陣

夜まで待ち。…頭の中で蜂退治のシュミレーションをしながら、上着はゴアテックスモンベルアノラック、

 http://item.rakuten.co.jp/yoshikip2/10037224?scid=af_sp_etc&sc2id=af_109_1_10000237

f:id:geppeiteatime:20170713223443j:image

アノラック付きのフードを被り、マスクを掛け、手にはバイク用革手袋で、いざ出陣!

(肝心の「目」の保護するのは忘れてたし!笑)

 

見ると、巣の大きさは直径5〜6㎝でしょうか、そして蜂たちは巣に掴まり静かにゆらゆらしています。ゆらゆら…?動いてる?起きてるのかな〜。時間は22時半ごろに実行にかかりました。

これ、殺虫剤吹き付けた瞬間に怒りだして飛びかかって来ぇへんやろか、とか不安に駆られつつ、殺虫剤を持つ手を巣の至近距離まで伸ばし、一気に噴射!

相当量の殺虫剤が拡散するので、やはりマスクは必須です。

巣の中にも幼虫が居るかもしれないので角度を変えながら巣全体に浸透させるように吹き付けておきました。

(私が使用したのは普通のゴキブリ用殺虫スプレー)

蜂がポトポトと落ちて、数を数えると13匹いました。

ビニール袋に巣をすっぽり入れて巣の根元から取り、ビニール袋の口を縛って、更にヨーグルトの空き容器に閉じ込めて捨てました。

(捨て方は自治体によって異なる様ですので確認してくださいね♡)

落ちた蜂は一晩ねかせて、翌朝13匹数を確認しながら回収しました。

 

こんな感じで蜂退治劇も無事一件落着です。

 

蜂の生態を知って

 そういえば、4月頃から一匹の蜂がベランダを飛んでるのを目にしていました。巣作りの場所を物色していた、若しくは既に巣作りを開始していたのかもしれません。

蜂は

  • 風雨の影響を受けにくい
  • 直射日光を避けられる

などの巣作りに適した良い環境を選びます。

私たちの身近な所では、家の玄関・軒下・ベランダが多いとのことです。

そして、一度巣を作られた場所は、「蜂の巣作りに適した良い環境」ということですので、「虫除け」をぶら下げておく、予防(寄せ付けない)スプレーをしておくなど、対策をしておくと良いそうです。

あと、家の周りで蜂を見かけたら殺虫剤を吹き付け、「此処は安全な場所ではない」ことを蜂に教えてあげるのが効果的とのことです。

 

 

蜂の見分け方などその他詳細は全てこちらのサイトにお世話になりました↓

http://tokosie-jouhou.net/2387.html

 

 

           🐝  ♢  🐜  ♢  🐝  ♢  🐜  ♢  🐝  ♢  🐜

 

 

神戸港で最初に発見されたヒアリが関東でも見つかったりしてお騒がせ中の昨今ですが

ふと、蜂(ハチ)と蟻(アリ)って姿形も習性もよく似ているなと思いまして。頭・胸・腹と節を持った胴体といい、足のつき方といい、蟻に羽を付けたら正に蜂ではないかと。蝶々も同様の形態だったかなと思いつつも、前2者とは何処か一線を画すような。その一線とは、蜂と蟻が持つ共通の習性ではないかと思う。両者とも「女王」を擁する集団で巣を作り子孫を増やすという特徴的な生態である点において共通している。

創作などでは、その求心的存在である「女王」を叩けばその集団は滅する、という設定をとることが多いようですが。

 

そういえば、5月の「映画の日」に久しぶりに映画を観に行きまして。その題名は

『the Great Wall / 長城』

(映画館での上映は終了していますが、今後DVDなどで視聴される方、次号ネタバレ内容を書きます)

 

一見、無関係である蜂退治と映画『the Great Wall / 長城』ですが、蜂の生態やなんかについて調べているうちに、この映画のワンシーンを思い出しまして、序でにご紹介と勝手な考察をしてみようかと思いまして。

 次に続く

今日は蜂退治からの虫除けスプレー作りをお届け致しました。

続きは次号で『the Great Wall / 長城』と私自身が過去に行った長城の様子を写真でお届け致しましょう。

 

 

話が拡がりすぎて、収拾がつかなくなる予感もあり(笑)

 

 f:id:geppeiteatime:20170730224001p:image