月餅tea timeのblog

中国留学時代の話、中国・台湾旅行記、街ぶら、日常見たもの勝手にレポート、随筆、どうでもえぇ話お届けします

【お題/おやつ】警告書とウォーキングシューズ

 

 

f:id:geppeiteatime:20170524185655j:image

 

私は物心ついた頃から100円玉を握り
家の近所の駄菓子屋へ馳せ参じるのが日課であった。
一日のお小遣いは100円。
私は毎朝、馬の蹄鉄の形をした小物入れ(灰皿だったかもしれない)に「今日のお小遣い、ここに入れとくで♡(チャリーン✨)」と言って置いてってくれた100円を「いひひ」な感じで財布に仕舞うのが楽しかったのだ。
その頃駄菓子屋へ行って買うものといえば

  • 10円ラムネや
  • 一つ20〜30円はしたウィスキーボンボン、
  • 今思えばカカオ含量が非常に低いと思われる10円チョコ、
  • ヨーグルト味のクリームが入ってて紙の丸い蓋に当たりくじが付いたやつ(10円だったかな)

なんかの類であった。

10円ラムネに関して言えば、大人になってから大阪まっちゃまち筋商店街の駄菓子問屋で箱買いしたほど好きである(一回買って満足した、笑)
あのウィスキーボンボンだって売ってたら100%箱買いすると思う。

チョコレートは、大人になった今でもおそらく食べない日はない

しかし数年前「この本読んでみィ」と言われ↓

 

f:id:geppeiteatime:20170524185828j:image

 

 生真面目な私は、この本に書かれている禁止項目・推奨項目をリストアップしながら読んだ。

主に、小麦を使ったもの・糖質・悪い油・添加物や加工品を避けろを謳った内容である。
グルテンフリーという単語はよく耳にするようになったが、欧米なんかに比べるとスーパーの陳列を見てもまだまだ定着しているとは言い難い。

スーパーを見ていて、お手軽なもの・魅惑的なものには全て小麦が使われている(ちゅうかメイン材料)。スパゲティ、パン、ケーキ、ビスケット、クッキー、スナック菓子…
 

それに私を含む関西人にとってソウルフードとも言うべき粉もん(たこ焼き、お好み焼き、焼きそば…)は全部小麦粉なのだ。

読み終えた私。衝撃を受けた、と言うより「食べるもん無くなるやん」という失望に似た感情であった。

 

しかし読んだ以上、 生真面目な私はなるべくこの著書の警告に従い、

  • 朝のパン食をご飯・味噌汁・納豆にしたり(*)
  • 料理に使う油を全てエクストラ・バージン・オリーブオイルにしたり
  • ウィンナーやハムなどの加工品を買うのをやめたり
  • 糸こんにゃくをパスタの代用にしたり
  • ケーキやクッキーを控え目にしたり
  • 糖質ゼロのチョコを貪ったり

してみた

f:id:geppeiteatime:20170524190042j:image

旅の時は気も財布の紐も緩んで↓こんなものを買ってしまうこともあるが

f:id:geppeiteatime:20170524190056j:image

↑▲キティちゃんの缶入りhershey'sチョコやし♡

(中国大陸のどっかで買いました)

 

そんな努力の甲斐あってか、5kgほどの減量に成功した  *(^o^)/*yeah

 

調子に乗って▼こんなチョコを買ってみたりしたものの

f:id:geppeiteatime:20170524190111j:image

 いくらチョコ好きでも、これは私の口には合わなかった。(カカオ95%:モサモサと苦い粉を食べてるみたいなんやもん)因みに私のお勧めはカカオ70%チョコ。最近種類も増えました。

数kgほど減ってきた頃に、友人の結婚式に呼ばれたことも相まって、ウォーキングも始めた。(着て行きたい服がキツキツで、もうちょいシュッとしたかった為)結婚式まで約2ヶ月間、雨天以外はほぼ毎日5kmを56分程で歩いた。

結婚式の後も頻度は落ちたがウォーキングは続いていて、半年に一度はウォーキングシューズを履き潰している。

結果、7kgほど減った状態をキープしてきた。

 

が、こないだ久しぶりに体重計に乗ってみたら2kgほど戻っていた。

原因は、ウォーキングサボり気味と「おやつ」に他ならない。

  • おやつを食べない
  • 夜18時以降は食べない

これを実践するだけで人は確実に減肥できるのだ。

何故できない?

いい感じに頑張ってる時に限って、もらいもの(美味しいおやつ)がやって来て何者かが耳元で囁くのだーー

何者か:「ま〜美味しそう〜

食べちゃいな食べちゃいな〜

頂き物食べないなんて〜次お会いした時に感想も言えないじゃない〜

ご褒美に食べちゃいな〜」

私:「そうですよね、頂き物はね、やっぱ食べとかないと。昨日のパンケーキもね、ホンマはどないかなって思てんけど、誘われたら行ったらなあかんやん?」

 

 

           🌷  ♢  🌷  ♢  🌷  ♢  🌷  ♢  🌷  ♢  🌷

 

Dr. ウイリアムデイビスさん(上で述べた本の著者:アメリカの循環器系の医師)の諫言を再び肝に銘じて、食と運動に気をつける。

 

ウォーキングシューズもまた履き潰すくらい歩こうと思う。

 

f:id:geppeiteatime:20170603220255j:image

 

 

 *尚、「小麦は食べるな!」では炭水化物であるご飯も控えるべき品目に挙げているが、そこは「日本人とご飯は切っても切れない関係」と、個人的勝手な解釈でしっかりいただいてます(夕食には控えている)

 

今週のお題「おやつ」2本目記