月餅tea time

月餅tea timeのblog

中国留学時代の話、中国・台湾旅行記、街ぶら、日常見たもの勝手にレポート、随筆、どうでもえぇ話お届けします

【西宮・夙川/洋菓子】Michel Bach(ミッシェルバッハ)の「幻のクッキー」夙川クッキーローゼを買いに行ってきた

 

 

f:id:geppeiteatime:20180116204634j:image

 

 台中旅行のお話の前に今日は小ネタをひとつ

 

過去に2度ほど頂き物で食べたことがありましたが

「幻のクッキー」と言われていることなどは知らず

「うんまいクッキーやわコレー♡」

ペロッと食べちゃってた

Michel Bach(ミッシェルバッハ)」さんの

夙川クッキーローゼ

 

昨年2017年12月1日放送、テレビ東京の「WBS

ワールドビジネスサテライト)でも紹介されました

「大江さんがクッキーローゼ食べてるー!」

 幻のクッキー:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

 

確かに美味しい!

 

中国・厦門大学留学時代のルームメイトちゃんが

昨年11月に結婚したので送ってあげよーっと

てことで

 

f:id:geppeiteatime:20180116210337j:image

▲Michel Bachさん最寄りの阪急「夙川(しゅくがわ)」駅

ホームの待合室には桜が🌸

この辺りは桜の名所なんです

JRの駅名は「さくら夙川」といいます

 

f:id:geppeiteatime:20180116210412j:image

▲こじんまりとした駅です、特急も停まります

 

f:id:geppeiteatime:20180116210503j:image

▲Michel Bachさんは夙川駅の北出口から徒歩5分

北出口の改札を出ると直ぐに踏切がある面白い構造!

 

f:id:geppeiteatime:20180116210543j:image

Michel Bachさんの外観

駅からまっすぐ北に上った左手に見えます

 

f:id:geppeiteatime:20180116210557j:image

▲こじんまりとしたお店です

 

f:id:geppeiteatime:20180116210827j:image

▲予約なしの当日飛び込み購入!

18個入り(小)は完売でしたが、40個入り(中)なら

「お一人様2つまで 承っております」とのことでした

「じゃあ2つ。…」

あっ、ツレが外で待ってたの思い出した!

ちょいちょい、と呼びよせて

「も一人いるんですけど、4ついただけますか?」

快く4つ、買えました

 

f:id:geppeiteatime:20180116204634j:image

▲クッキーローゼ40個入り @3,120円(税込)

原材料は、バター・砂糖・小麦粉・卵・アプリコットジャム・チョコレート

 

f:id:geppeiteatime:20180116210852j:image

▲お花の形のクッキーです

新年開店してから3/20までの予約を受付していたようですが全て完売しており、次の予約はその後かと思われます(予約方法がイマイチよく分かりません、すみません、いずれにしろ予約は電話予約のみですので、詳細は直接お電話でご確認ください

当日販売は、100〜150ケースほどあるそうですが

開店前から行列ができ、朝8時半で既に完売していることも珍しくないのだそうです

開店前に並ぶ場合、整理券を渡され、開店以降に取りに行く感じです

当日販売は、「ご来店のお客様のみに先着順に販売」

電話をしても「お取り置き」はできません

また、「お取り寄せ」通販をしていないので、なかなか手に入らない「幻のクッキー」と言われる所以でしょうか

信販売をしないのは、ジャムや粉糖を使用しており、運送途中にそのデリケートな作りに崩れが出てしまったり、製造が追いつかないのもあると思われます

*追記*

予約が取れた場合、発送もしてもらえるそうです。

尚、予約は電話予約のみ(ネット予約はしていません)

amazon楽天市場Yahoo!ショッピングなどではかなりいいお値段で出ているようですが、遠方の方が費やす時間と交通費を考えると、それもアリな選択なのかもしれません

 

保存料を一切使用していませんが3週間の日持ちがします

美味しさの秘密はレシピにもあるでしょうが

創業(1982年)以来変わらないこだわりの製法にあるようです

3日かけて作り上げる手間暇が決め手だそうですよ

 

「店頭でしか購入できない」というだけで

お持たせ」には最適かもしれませんね

 

 

 

Michel Bach(ミッシェルバッハ)

〒662-0077

兵庫県西宮市久出ケ谷町2-28

tel:0798-74-3789

営業:10:00〜19:00

月曜定休・火曜不定休

 

 

因みに…

私は火曜日に当日購入しました

しかももう13時半でしたが

Google検索では「本日休業」となっていたのに

よくよくお店のブログを見るとその日は営業になっていて…

アナだったかもしれません

 

自分用に!

大切なお友達に!

日頃お世話になっている方へのお礼の品として

 

送ったら崩れてしまうかも、でも

このお味を届けてあげたいと思う逸品です

夙川クッキーローゼ

 

f:id:geppeiteatime:20180117145947j:image

 

 

 

【台湾/大阪】タピオカミルクティの元祖『春水堂』の台中店と大阪店に行ってきました

 

f:id:geppeiteatime:20171110135344j:image

 

ミルクティ大好きなので

 

今日は、大阪と、本場台湾・台中で行ってきた

春水堂」さんをご紹介しま〜す

【目次】

 

大阪の「春水堂」

大阪駅前コンコース「うめきた広場」の地下1階にある

「春水堂」グランフロント大阪店へ

 

f:id:geppeiteatime:20180113224128j:image

▲この広場からエスカレーターで下りていけます

 

f:id:geppeiteatime:20180113163551j:image

▲入口外観

えらい並んだで

 f:id:geppeiteatime:20171110135242j:image

この日注文したのは

  1. タピオカミルクティ(アイス)@500円
  2. 豆花ベース+ドリンクセットで@850円

 

この日のセットのドリンクは鉄観音のミルクティにしました

(セットドリンクの場合、タピオカは入りません)

豆花のトッピングは1種類@50円で

  • タピオカ
  • マンゴー
  • 苺🍓
  • 小豆

の4種類乗っけてもらって、1,050円になりました

 

ミルクティ2杯と豆花トッピング4種、

この日のお会計、1,550円でした

 

f:id:geppeiteatime:20171110135258j:image

 

台湾・台中の「春水堂」

 台中発信の春水堂、台中だけでも8店舗ほどあるようですが

私がお邪魔したのは、この度の宿泊ホテルから

徒歩13分ほどで行けるモールの中に入った「春水堂」さん

 

f:id:geppeiteatime:20180112164817j:image

▲台中駅(臺中車站)のすぐ裏(表?)にある

大魯閣新時代(TAROKO MALL)の2階にあります

無印良品」のお向かいさんです

受付カウンターで人数を告げます

「満席になりましたら90分の時間制限をさせて頂きます」

とのことでした

 

f:id:geppeiteatime:20180113155125j:image

▲「メニュー表」兼「注文用紙」に数を記入して

「收銀台(お会計/cashier)」へ持っていき

先にお会計を済ませます

お茶類だけで40種ほどあり、アイスorホット、

サイズS(300〜330ml)or M(600〜660ml)

など選びます

 

f:id:geppeiteatime:20180113210626j:image

▲「番号札」と「レシート(ピンク)」と

電子発票証明聯(*詳細サイトあとで貼付)」と

「レシート原本(白)」みたいなのを渡されます

白のレシート原本みたいなやつは、注文アイテムが運ばれると店員さんがチェックする用紙

 

f:id:geppeiteatime:20180113155140j:image

▲「熱豆漿珍珠奶茶(ホットのタピオカ豆乳ティ)」

NT$100 ≒ 390円(2018年1月1日レートで)

と「熱奶茶(ホットミルクティ)」NT$85 ≒ 332円

 

f:id:geppeiteatime:20180113155157j:image

 

お茶類・スイーツ類以外にも、

  • トーストモーニングメニュー(8:30〜10:30)
  • 焼き/蒸し/揚げ/煮物のお料理
  • スープ
  • 麺類
  • ご飯セット(11:30〜21:00)

など、普通にお食事もできます

詳しくはメニュー表とにらめっこして今日の逸品を決めましょう

 

とりあえずおつまみ系いっときました

f:id:geppeiteatime:20180113155210j:image

招牌蘿蔔糕(オリジナル大根餅)NT$75 ≒ 293円

 

黃金煉乳(揚げパン。練乳につけて食べてー)

NT$70 ≒ 273円

f:id:geppeiteatime:20180113155225j:image

ミルクティ2杯と揚げパンと大根餅、これで

NT$330 ≒ 1,287円 でした

 

尚、台中の「春水堂」さんでは

  • 平日において Mサイズドリンク注文の場合、店内でもテイクアウトでも15%の割引をしてもらえます
  •  プラス10元(NT$10)で全てのドリンクにタピオカ・レモン果汁・愛玉・小麦胚芽、の何れかを加えることができます

 

 

電子発票・統一発票について詳細は▼

統一発票 - Wikipedia 

インボイス方式の先輩、台湾のレシートで宝くじに挑戦しよう!

公的領収書と宝くじを兼ねているそうです

 

 

おまけのミルクティのお話

 

 f:id:geppeiteatime:20171110170752j:image

ミスドロイヤルミルクティはおかわり自由!♡

そんなめっちゃ飲めるもんでもないけど嬉しい

 

ミルクティ好きなので…

 コーヒー屋さんでもそっち寄りアイテムを注文しがち
スタバではチャイティーラテ
タリーズではロイヤルミルクティ

なんかすみません。因みにタリーズロイヤルミルクティはめちゃ美味!

 

大阪で飲んだのは鉄観音のミルクティでしたが

鉄観音は香りに癖のあるお茶で、

人によって好き嫌いがあるかと思いますが
「茶、飲んでます」感があって私は好きです
普洱(プーアル)茶や烏龍茶などの黒茶や、紅茶はミルクにも合いますし美味しいと思うんです

 

ところでミルクティといえば

モンゴル地域のミルクティ!

あちらでは「ツァイ」、正式には「スーテーツァイ

と言うそうですが、家庭では、水分補給・ビタミンやミネラル補給に、日常的に飲まれています

水が貴重なモンゴル地域においては、このスーテーツァイ

はお客様のおもてなしにも出されます

私達が想像する一般的なミルクティと違う点は

  • 多くは羊やヤクのお乳を使用される
  • バターを入れて
  • モンゴル岩塩で味付けして
  • お好みで(炒り)や白米(炊き)を入れてお食事として

いただきます

家庭によって味の濃淡やトッピングの違いはあるようですよ

 

私も何度かいただいたことがありますが

「ミルクティですよ、どうぞ」と言われて初めて飲んだ時は

「ミルクティ = ほんのり甘いはず」

の先入観があってか、一瞬脳からハテナマークが下りてきて

次の瞬間は

「ミルクティになんで塩〜〜〜(・Д・) 」

てなったもんですが、不味いとは思いませんでした

こういうものはきっと

その土地・その時の食事や気候・風土

などに適応していて、身体に調和するものではないかと思うんです

ただ、胃腸などが対応しきれないことがあるので

乳製品などの過剰摂取はお腹を壊してしまう可能性

があるので注意はしましょう

ワタシ、モンゴルで買ってきたミルクバター飴大量摂取で、どエライ目にあった経験あり(ほんでめっちゃ美味しいんよ!)

 

 

ツァイ - Wikipedia

モンゴルがミルクティー大国だということが判明

お茶あれこれ(46)--モンゴル族のミルクティー_Japanese.china.com

 

 

ミルクティは暑い国でも寒い国でも愛される、

みんな大好きな飲み物だということ。

高貴な響きの「ロイヤルミルクティ(中国語では

「皇家奶茶」ともいいます)」から庶民的な響きの

「奶茶:ないちゃ〜」

 

主にミルクティのお話でしたが、そして「春水堂」さんは

タピオカミルクティの元祖だそうですが

春水堂メニューには「文人」という項目があって

高山・烏龍系のお茶がポットとカップ2つで提供され

何度でもお湯を足してもらえます

タピオカミルクティという表立ってのポップな印象の奥には

しっかりとした伝統茶の文化があって

そここそが春水堂さんの根っこであり幹なのかなと

感じて帰ってきました

次回またお邪魔することがあれば

是非この「文人茶」に手を出してみたいと思います

 

 f:id:geppeiteatime:20180114153656j:image

 

台湾の良いトコロは、庶民的で美味しいものを提供してくれるところ

「こ〜んなに安くて美味しいの!毎日来れるね」

みたいな感動をたくさんもらってきた台湾

そんなお店がどんどんブランド化していき、

近くでも堪能できるという利点は享受しつつも、

お高くなっていくのはなかなか複雑な気持ちでもありますが…

 

 

あ〜どうせなら創始店さんにも行ってみたかったです

f:id:geppeiteatime:20180114162253j:image

台中市西区四維路30号

営業時間:8:00〜22:00

 

 

台中のお話は、次回以降に続く

はず!

 

 

geppeiteatime.hatenablog.com

 

 

 

【大阪】訪問者の3割が海外からの観光客!空中庭園・梅田スカイビル

 

 

私は高い所がけっこう好き

 

年始も高い所からお届けしましょ

 

大阪駅・梅田駅から900m徒歩11分ほど

梅田スカイビルです!!

【目次】

 

梅田スカイビル展望台に上る

▼これは下から図

f:id:geppeiteatime:20171210160039j:image


空中庭園の展望台は地上から173mに
位置しますが、140mまでエレベーターで
一気に上がり、そこからエスカレーターと
階段や別のエレベーターで173mまで
上がります


エスカレーター
f:id:geppeiteatime:20171210155534j:image


空中庭園の展望台

f:id:geppeiteatime:20171210155603j:image


▼このエスカレーターで上がってきました
f:id:geppeiteatime:20171210155635j:image

 

f:id:geppeiteatime:20171210155648j:image


結構な強風です

伊丹空港に飛行機が次々と着陸する様子が見えます

f:id:geppeiteatime:20171210155725j:image

 

HEP FIVEの観覧車

▼ビルの間から見える観覧車

HEP FIVE(複合商業施設)の7階自販機で券を購入します(大人@500円)

観覧車の中にはスピーカーがあって自分のデバイスに繋げれば好きな音楽を聴きながら観覧を楽しめます。

HEP FIVEおよび観覧車の営業時間は11:00〜22:45

高さ75m
f:id:geppeiteatime:20171210155742j:image

 

HEP FIVEは阪急梅田駅・JR大阪駅からすぐ

梅田スカイビルとの位置関係▼

f:id:geppeiteatime:20180112162306j:image


▼おっきな空き地が見えます
此処は「梅田貨物駅跡」ですね
f:id:geppeiteatime:20171210155757j:image

 

さて問題。

下の写真にちょっと変わった建物が写ってます

ど真ん中のビルにご注目、わかるかな〜▼

 

f:id:geppeiteatime:20171210155818j:image

 

TKPガーデンシティ大阪梅田(旧TKPゲートタワービル)

▼高速道路がビルを貫通しています

私も車で通ったことありますよ

5階〜7階部分がトンネルになっていて、阪神高速道路が貫いているんです

TKPガーデンシティ大阪梅田」という16階建ての

オフィスビルです(旧 TKPゲートタワービル

TKPゲートタワービル - Wikipedia


f:id:geppeiteatime:20171210155932j:image


▼あちらには大阪湾
f:id:geppeiteatime:20171210160126j:image


▼淀川です
f:id:geppeiteatime:20171210160153j:image

 

f:id:geppeiteatime:20171210160206j:image

 

f:id:geppeiteatime:20171210160216j:image

 

営業時間・料金など

1990建設着工1993完成。
設計は原広司さん。
その独特の形状から大阪のランドマーク
になっているそうです
英国の出版社ドーリング・キンダースリーが選ぶ

「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」

の一つに、アテネパルテノン神殿、ローマのコロッセオといった歴史的建造物と共に選出されるなど世界的に有名な建築物になっちゃったんですって
訪れる者の3割を外国人が占めるそうです。
(wikipediaより)

貴重な観光スポットの一つですね

 

営業時間:9:30〜22:30(最終入場は22:00)

料金:大人@1,000円

詳細はこちらをどうぞ▼

営業時間・料金・アクセス|空中庭園

お誕生日の方は無料、同伴者4名まで2割引です

お誕生日の方は身分証などをご提示くださいね


f:id:geppeiteatime:20171210155510j:image


しかしヒトは

高い所かあれば登ってしまうのは
何故なんでしょうね

 

f:id:geppeiteatime:20180112145352j:image

 

▼駅からはこんな感じに見えてます

 

f:id:geppeiteatime:20180112145411j:image

 

地下へ潜ります・「春水堂」さんへ

阪急梅田駅・JR大阪駅を下りたコンコース

ここ「うめきた広場」からエスカレーターで地下1階へ降りると

台湾は台中から進出してきた春水堂さんがあります

タピオカミルクティやら台湾スイーツを頂けます

正月に台中へ行ってきたので、それと合わせてお届けします

 

 

次回に続く

 

 

 

geppeiteatime.hatenablog.com

 

 

【大阪・兵庫/ハイキング】ご来光を見に行こう!妙見山の初日の出はおすすめです

 

f:id:geppeiteatime:20171210181816j:image

(2017年1月1日 07:05撮影▲)

 

今年もあと残すところ一週間になり

何かと気忙しくなる年の瀬

皆さま如何お過ごしでしょうか

お正月のご予定はお決まりでしょうか

どう過ごそうかお考え中の方もいらっしゃるかしら

 

今年2017年は、初めて「初日の出」を見に行ってきました
その時撮った写真数枚と情報などをご紹介します

【目次】

 

妙見山・初日の出

向かった先は、「妙見山(みょうけんざん)」

兵庫県川西市なのかと思っていましたが、
大阪府豊能郡豊能町吉川にあたるようです

 

f:id:geppeiteatime:20171217214448j:image

▲お借りした画像で恐縮ですが、どうやらこの辺りは

兵庫県川西市)・大阪府豊能郡)・京都府亀岡市

の県府境にあたる所で、県境マニアさんも注目する

ポイントだったようです

 

それはさておき、今年2017年の元旦はこれ!

f:id:geppeiteatime:20171217215313j:image

(2017年1月1日 07:05撮影▲)

人生初の初日の出を拝ませていただきました

寒い中、山頂の丘に上り、みんな東の空を見て待ちます

ご来光の瞬間、わぁ〜♡ と静かな歓声があがります

寒さも忘れてシャッターを切ります

 

f:id:geppeiteatime:20171217215329j:image

空の色がみるみる変化する様と

太陽がみるみる上空へと上がる様を見ながら

誰しもが心の中に何かを想う

厳かな空気、元旦

 

f:id:geppeiteatime:20171217215359j:image 

太陽がそのまぁるい姿を現し山の尾根から離れた瞬間から

三々五々と散っていくひと達

 

流れにそって下りていくと「ふれあい広場」があり

そこでは能勢電鉄さんが

  • お屠蘇
  • 白玉ぜんざい

を振舞ってくださってました

「あれ、今年はお餅じゃない」なんて声が聞こえてましたが

(笑)充分ありがたい

その広場には、大きな焚火もありました

焚火に当たりながら頂くお屠蘇とぜんざいは

本当に美味しく、感謝の気持ちも湧いてきます

 

上りは全て徒歩で来ましたが、帰りはこの「ふれあい広場」から「妙見の森ケーブル」に乗り下山しました

 

ふれあい広場の様子やケーブル乗場なども撮ったはずなのに全部どっか行きました

この4枚は一眼レフで撮ってたのが幸い残ってた(笑)

 

f:id:geppeiteatime:20171225182737j:image

▲「妙見の森ケーブル」黒川駅

 

妙見山ハイキングコース

f:id:geppeiteatime:20171224183805j:image

定番コース紹介|ハイキングに行こう|能勢電鉄

 

妙見山ハイキングコースには

  1. 大堂越コース
  2. 新滝道コース(現在通行止め:後述)
  3. 上杉尾根コース 💮
  4. 初谷渓谷コース
  5. 天台山コース

があり、私がとったのは「上杉尾根コース」でした

このコースの距離は、約4.3km、歩行時間約1時間45分

「前半はきつい上りが続きますが、尾根沿いに展望が開け気持ちのいいコース」とのことです

 

アクセス

f:id:geppeiteatime:20171217145442j:image

神戸三宮」出発の場合、阪急神戸線に乗り

十三(じゅうそう)」で阪急宝塚線に乗換え

川西能勢口(かわにしのせぐち)」へ。

能勢電鉄妙見線(妙見口行き)に乗換え

終点「妙見口」へ。

三宮から妙見口まで、ざっと1時間20分ほど、運賃640円。

妙見口」駅から、徒歩20分ほどかけて

妙見の森ケーブル「黒川」駅へ。

「ケーブル山上」駅まで片道@350円往復は690円。

因みに私は上りはケーブルが運行してることも知らずに全行程歩きました

「ケーブル山上」で降りると「ふれあい広場」があり

そこから山頂へは妙見の森リフトが運行しています

私は上り・下りともリフトは利用せず歩きました

 

通行止めのお知らせ

今年10月22〜23日にかけての台風21号の被害により

通行止め区域があります

《徒歩登山の方》 ▼

「新滝道コース」は通行止めです

定番コース紹介|ハイキングに行こう|能勢電鉄

 

《お車の方》▼

「山上駐車場」は利用できません

妙見の森へのアクセス|妙見山へ行こう|能勢電鉄

▲詳細は公式サイトをご覧ください

 

妙見の森ケーブル・リフトの冬期休業と年末年始の特別営業について

 ケーブル・リフトともに

2017年12月4日(月)〜2018年3月16日(金)は冬期休業

ですが

2018年1月1日(㊗️)〜1月3日(水)は別営業しており

初詣12月31日は23:00より終夜運行しています

1/1は、大晦日23:00〜17:00まで

1/2・3は、9:15〜16:30、運行されます

 

おわりに

クリスマスが終わった瞬間から
デパートや街中のお店のディスプレイが
ガラリとお正月仕様になったりして
そういった
厳かな空気が心地いいと思うようになった

「食」や、「文化」や、「言葉」
何れをとっても、「和」の豊かさと奥深さを
感じるし、大事にしていきたいと思う

日本では古来、お正月を大事に迎えてきた

  • 大掃除
  • 門松・しめ縄
  • 鏡餅
  • 年越しそば
  • 除夜の鐘
  • おせち料理・お屠蘇(おとそ)・お雑煮
  • 家族・親族などが集まり団欒
  • お年玉・年賀状
  • 初日の出(御来光を拝む)
  • お初詣

ほか、初夢・書初め七草粥・鏡開き…など
正月に纏わる行事は多い

 

たいそうなことは出来なくとも、何れかひとつふたつの

お正月らしさを感じたいと思います

ずっとやろうと思って出来なかったこと

逆に、ずっとやめようと思って、やめれなかったこと

「要不要」 の整理をしようという気にもなる

年末年始…

私はこの時期が好きである

 

 

 あ、そうそう

日の出前の山道を歩くのですから

  • ✨✨🔦懐中電灯は必携です🔦✨✨
  • 水分補給しながら、ゆっくり無理なく上ることをお勧めいたします
  • 歩きやすく・体温調整できる服装・靴で行きましょう

 

 

 

【暦】冬至のおかずとおやつと「一陽来復」のおはなし

 

 今年2017年の冬至入りは昨日12月22日

 

 「冬至(とうじ)」には、

ゆず湯に入る・かぼちゃを食べる・

小豆(あずき)を食べるなど、元々は中国から伝わり、日本で独自に発展したものも含め、

いくつかの風習があります。

 

【目次】

 

その中から3つほど、今年うちでやってみたことは

  • かぼちゃを使ったおかずを作った
  • あんこをお餅と美味しく頂いた
  • 豆乳寒天を作った

くらい。

かぼちゃ

f:id:geppeiteatime:20171222142348j:image

▲かぼちゃ・小松菜・豚肉をごま油で炒め煮したもの

秋冬にはたまに作るよ

この度はエリンギも入れました

かぼちゃは、ビタミン・カルシウム・鉄分を含み

風邪予防・疲労回復の効があり、冷え性動脈硬化

を防ぐ働きもあると言われている

身体を温めるので、寒い時期には食べたい一品

 寒天

f:id:geppeiteatime:20171223153749j:image

なんやこの美味しい豆乳!

と思ったらやっぱりシロップが入ってるやつでしたけど

ミルクの代わりにこの豆乳を使って豆乳寒天にしてみた

腸のお掃除もしてくれるしダイエットにも嬉しい一品

豆乳の比重が重かったのか二層になってしまいました

上の写真は、豆乳寒天にさらに豆乳・黒豆きな粉がかかってます。

お好みではちみつを加えても美味しいと思います。

冬至の七種

因みに、

かぼちゃも寒天も「冬至の七種(ななくさ)」で

  • 南瓜:なんきん
  • 蓮根:れんこん
  • 人参:にんじん
  • 銀杏:ぎんなん
  • 金柑:きんかん
  • 寒天:かんてん
  • 饂飩:うんどん(=うどん)

という具合に「ん」が2つも付いていて、たくさんの

「運」を招くと言われているんですって。

科学的に根拠がないと言えばそれまでですが

語呂合わせで縁起もの、厄除けの意味を持たせ

無病息災や健康長寿・家内安全などを願って、

この様な食文化や行事が生まれ継承されてきたんですね

小豆

f:id:geppeiteatime:20171222142639j:image

いけないものにハマってしまいました

これは、あん餅

お餅の中にたっぷりあんこが入ってて

少し焼き色がつくまでトーストするとめちゃ美味

 

一陽来復

一陽来復の意味

  1. 陰暦10月に「陰」が極まり、11月の冬至に「陽」が初めて生じることから。冬至
  2. 冬が去り春が来ること
  3. 悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと(「一陽来復を願う」)

 

冬至では、太陽は南回帰線上にあるため
北半球では昼が最も短く、夜が最も長い


宮城谷昌光『重耳(ちょうじ)』は、
中国春秋時代の晋の国が背景の小説です
その中に、冬至に関する一節があるので
ご紹介します


齢80を迎えた重耳の祖父(名は称、晋の国王)
が、敵を攻める「時」を迷い、
重耳に問いかける場面がある。

 

宮城谷昌光著『重耳』より抜粋

 

称にとっては、長い二カ月間であった。
例年に比べて雪が多く、翼へつづく路は完全に雪の下に埋没していることであろう。快晴の日にまちの外へ出て、まぶしげに北方をながめた称は、
ーーいまが天命の時であるはずなのに、天はわしをさまたげようとしている。
と、碧天に向かって疑問を投げかけた。
翼を滅ぼすことに、まだどこかにむりがあるのであろう。が、称はそれを認めたくない。
認めれば、おのれの長寿を悔やんで死ぬことになる。おのれの長寿を意義のあるものにしたい。そのためには雪原に兵を進めるほかない。
ーーいま出師(すいし)するがよいか。
も少し待つか。
称は迷いながら宮門まできた。二つの人影をみた。
「重(ちょう)よ」
と、称は声をかけた。重と呼ばれた青年は、重耳(ちょうじ)であった。重耳のうしろに郭偃(かくえん)が立っている。二人ははしりぎみに歩をすすめてきて、称にむかって拝手した。重耳は堂々たる体格である。が、あいかわらず冴えぬ羊裘(ようきゅう)を着ている。
「寒いな」
称は白い息を吐いた。重耳は返答に窮したように背をわずかにまるめた。称は笑いがこみあげてきて、
「そうか。重は、寒くないのか。そうよ。わしも汝の齢には、寒さはまるで感じなかった」
と、いい、じつのところ自身も寒さを感じていないというおかしさを噛み殺しながら、この当意即妙を欠いた孫をあらためてみた。
ーー形のない青年だ。
と、称はおもった。風采も才智も淡靄(たんあい)がかかったように目立たない。しかしこの場合、よい意味でそう思った。
三人の孫のなかで、申生(しんせい)はじつにみごとな形相をもっている。容姿はすぐれ、心術はさわやかで、孝心が篤い。

~中略~

ーーそこへゆくと、重耳はおもしろい。
空漠とした天下を相手にするのであれば、形があれば負ける。賢愚をみせぬ重耳のとりとめのなさが、じつは常人ではみえぬ天下取りの巨大な器なのかもしれない。
もともと天下に野望があった称が、そんな目で、このみばえのしない孫をみたのは、今日がはじめてである。
称は祖父を憶い出した。

~中略~

称はそう考えながら、歩きはじめた。称のうしろに、重耳がおずおずと従った。重耳のうしろに称の侍臣が従い、そのうしろを郭偃が歩いた。
先頭の称が足をとめると、この縦列はみごとに停止した。
「重よ。わしは迷っている。なにゆえか、わかるか」
ふりむきながら、杖をうごかし、称はそう問うた。重耳は半歩さがった。が、こんどは目を落とさない。
ーーおお、なにやら意見があるらしい。
称はたのもしげに重耳の口もとをみつめた。
「短日でございます」
重耳の口から出たことばはそれであった。
「短日ーー」
称は眉をひそめた。短日とは、冬の短い日のことである。自分の問いが、重耳の体内にはいって霧散したようなたよりなさをおぼえた。
ーーやはり、重耳は凡愚にすぎぬか。
と、がっかりした称は、まなざしに淡い憐れみをまじえた。そのとき重耳はふたたび口をひらき、
「その短日が、今日、極まりましたので、陰と陽とが争い、それにより、さまざまな生物が蕩(うご)きはじめたせいで、人の考えも定まりません」
と、吶々(とつとつ)といった。
重耳のいう、短日が極まったとは、より正確には「日短至る」といい、冬至のことである。べつないい方をすれば、冬至とは陰の気が尽き、陽の気が生ずる、そのさかい目であり、「一陽来復」もおなじことをいう。ちなみに周暦では冬至がその年のはじまりといってよいが、晋という国は夏暦になじんでおり、夏暦では立春が歳首にあたるため、称の頭のなかでは、年が改まったというおもいはない。いずれにせよ、冬至をすぎれば、春がはじまるといってよく、春の到来が人生の幸福と考えれば、冬至とは苦難の時のおわりにあたる。
重耳のことばにはそこまでの含蓄がある、と驚嘆しかかった称は、ふいにおもいあたったことがあり、
「重よ。よくぞ申した」

~中略~

「日短至れば、わしは、どうすればよい」
という問い方にかえた。
「恭容(きょうよう)を保たれ、陽の気が陰の気にまさるのを待ちます。動かれるのは、それからでも遅くはございません」
重耳の背中から声が揚がった。むろん郭偃の声である。
「雪が消えるのを待つのか」
「いえ、雪はみせかけでございます。雪の下では、すでに春にむかっての動きがはじまっております。陽気をお感じになったら、発たれませ」
称のまなざしが、重耳からはなれ、上昇した。やがてそのまなざしは、澄空のすがすがしさをもちかえって、ふたたび重耳にそそがれた。称の心地から迷いが去ったということである。

 


……以下略……

 

 

冬至は、日が最も短い、冬の底の日

ここを境に、徐々に日は長くなり
気も、人の心も上昇する

そんな日が冬至です

 

f:id:geppeiteatime:20171222141816j:image

 

あなたにも、わたしにも

素敵な日々が待っていますように

 

 

 

【神戸】神戸市役所の無料展望台から見える景色(神戸ルミナリエ)

 

 

f:id:geppeiteatime:20171213002434j:image

 

神戸のイルミネーションついでに

こんな隠れた(?)スポットをご紹介します

 

たまたま神戸市役所に用事があって行ったついでに

展望ロビー」へ上ってみました

あることは知っていましたが上ってみたのは初めてです

 

f:id:geppeiteatime:20171213165205j:image

▲アクセス:三宮駅から徒歩8分ほどです

三宮駅から南に伸びる、神戸そごうとマルイの間の

フラワーロード(片側4車線の道路)を南に下りるとすぐに右手に見えます

 

f:id:geppeiteatime:20171213002509j:image

▲エレベーターで24階まで上がります

 

f:id:geppeiteatime:20171213002530j:image

▲お?結構ここは知られたビューポイントなんですね(笑)

ルミナリエの点灯の高みの見物ができる所です

 

f:id:geppeiteatime:20171213002609j:image

ルミナリエ点灯までまだ1時間以上ありましたが

既に窓技にべったり陣取っておられました

写真を数枚。ちょっと失礼しますよ

お隣のおっちゃまとおばちゃまは

ルミナリエを見るツアーで九州から来られた方でした

 

f:id:geppeiteatime:20171213002649j:image

▲こちらが「南」向きの窓で、下にルミナリエの会場

「東遊園地」が見えています(写真右下)

屋台もたくさん出ています

1時間も待ってられなかったので点灯の写真はありません、笑

 

f:id:geppeiteatime:20171213173419j:image

 

1995年の阪神・淡路大震災の年から始まり

今年で23回目を数える「神戸ルミナリエ

私がちゃんと見たのは、第5回か6回の時だったかと記憶しています

第1回〜4回の期間私は、中国・厦門におりました

最初の頃に比べると、期間・規模や電飾の量もだいぶ縮小しており、交通整理や警備体制も整っているので、昔のようにわちゃわちゃしてない分、かなり通行しやすくなっていると思います

当初は、「寒いわ前に進まんわ」で大変でした

現在は、行列の入口が決まっていて、途中割込みや逆行はさせてもらえない筈です

 

f:id:geppeiteatime:20171213002708j:image

▲上の同じ「南」の窓から、首を右に向けた景色

メリケンパーク の一部が見えます(オリエンタルホテルetc) 

 

f:id:geppeiteatime:20171213002801j:image

▲「北」の窓に移ってきました

六甲山、三宮駅周辺、フラワーロードが見えています

フラワーロード沿い右手の丸みを帯びた茶色っぽい建物が

神戸国際会館。最上階のテラスには「そら植物園」西畠清順さんプロデュースの庭園があります

 

f:id:geppeiteatime:20171213002434j:image

▲「西」の窓からの眺めです

この時間ですので、空はこの方角が最も美しいです

狭い窓でしたが、何故かお二人のカメラマンさんが大きなカメラを構えてました

何があったんやろ。よー聞かんワタシ

 

この24階展望ロビーには、cafe・レストランが入っています

 

f:id:geppeiteatime:20171213002922j:image

▲1階ロビーには、ベンチタイプの椅子が配置された

cafe &休憩スペースがあります

コーヒーや軽食が販売されていますが、特に購入しなくても待ち合わせや休憩に使える感じですよ

(尚、飲食持ち込みの休憩はご遠慮くださいの旨)

 

ここからの展望は、なかなかワルクナイと思う

しかし何故ヒトは、こうも「光」に集まってくるのか

「光」を、寒い中並んでまで見るか

そやけど、有ると見てしまう

 

「生火」が元祖なんやろけど

f:id:geppeiteatime:20171214020308j:image

 知らんけど(笑)

 

第23回神戸ルミナリエ|イルミネーション特集

 

 お題「イルミネーション」

 

 

geppeiteatime.hatenablog.com

 

geppeiteatime.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

【神戸/イベント】メリケンパーク のクリスマスツリーの植樹の様子と点灯を見てきました

 

 

 f:id:geppeiteatime:20171212201040j:image

(植樹作業の様子▲)

 

 12/2(土)〜12/26(火)まで毎日17:30〜00:00まで点灯される

神戸メリケンパーク のクリスマスツリー🎄

 

「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」

は、プラントハンター西畠清順さん(そら植物園)

プロデュースのもと実現された

 

「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」始動。開港150年の神戸港で、「あすなろの巨木」 が復興と再生の象徴として光かがやく!プラントハンター 西畠清順が史上最大の樹木輸送に挑む|そら植物園株式会社のプレスリリース

 

 めざせ!世界一のクリスマスツリー

 

富山県氷見市で見つけられた、

樹齢150年のおよそ30mのあすなろの木

根っこが付いたままの状態で、特殊車両や大型船舶を用い

およそ1,000km以上の距離をはるばるやってきた

 

「神木を切った」だの

「輸送に1億かかった」だの

「イベント後の使い途はどうするのか」だの

から始まり

「願い事を書かれたオーナメント(プラスチック製)が

風でちぎれ飛んでいるのが見つかり、

海の汚染が云々」だのと

 ……

なにかと物議を醸している、このプロジェクトですが

 神戸の「世界一のクリスマスツリー」に批判 主催者らの投稿も一因 - ライブドアニュース

 

植樹と、点灯の時に行ってきました
写真をお届けします、ご覧ください

 

【目次】

 

植樹を見にいく

パーク散策

▼メリケンパーク 入口

 f:id:geppeiteatime:20171212195451j:image

 

▼因みに右手に見える白い建物は、TOOTH TOOTHと

そら植物園コラボの「Fish in the Forest」

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

▼早くも真ん前に見えました🌲
クレーンで吊るされています

f:id:geppeiteatime:20171212195520j:image

 

▼初対面の印象は、「お疲れさまでした〜」

そして「いらっしゃいませ〜どうぞ宜しくね」

f:id:geppeiteatime:20171212195632j:image

 

メリケンパーク には川崎重工の企業ミュージアム

カワサキワールド」や「神戸海洋博物館」があり、

海洋関係の野ざらし展示も幾つかあります

 

geppeiteatime.hatenablog.com

 

 

f:id:geppeiteatime:20171212195650j:image

 ▲こちらは、コンテナ船「らいん丸」搭載 蒸気タービンエンジン(高圧エンジン)の展示

 

f:id:geppeiteatime:20171212195717j:image

 

▲▼有銲錨(ゆうかんびょう:アンカーストック⚓️)

 

f:id:geppeiteatime:20171212195739j:image

 

▼もうちょっと近くで見たいなー

どうやら海上の船から直接クレーンで吊られてるようです

f:id:geppeiteatime:20171212195941j:image

 

▼見物客もポツポツと

f:id:geppeiteatime:20171212195910j:image

 

▼モニュメント。今年の4月にできたみたいです

f:id:geppeiteatime:20171212200219j:image

 

▼オリエンタルホテル前からランチクルーズとか出てます

2時間弱で帰ってきます⛴

f:id:geppeiteatime:20171212200155j:image

植樹の様子

▼お!西畠さん見っけ。写真中央のリュックの人〜

f:id:geppeiteatime:20171212200241j:image

 

▼大きな植木鉢に、クレーンで袋に入った土が運ばれ

袋の底を刃物で切って土を落とします

f:id:geppeiteatime:20171212200306j:image

 

▼枝や葉に引っかかったワイヤーを解いたりしています

f:id:geppeiteatime:20171212200328j:image

 

▼かなりの時間をかけて慎重に

クレーンワイヤーから外されました

f:id:geppeiteatime:20171212200355j:image

 

▼これからどんな飾り付けがなされるんだろ〜

f:id:geppeiteatime:20171212200417j:image

 

▼ちょっと来ない間にいろんなモニュメントが作られてます

f:id:geppeiteatime:20171212200435j:image

 

▼また来るよ〜

f:id:geppeiteatime:20171212200459j:image

 

クレーン船

▼…と帰ろうとしたら、あちらでクレーン船が撤退中〜

お疲れ様でした〜今日も無事故でありがとう〜

f:id:geppeiteatime:20171212201126j:image

 

f:id:geppeiteatime:20171212201137j:image

 

▼震災メモリアルも一角にありますが、

私初めて気がつきました

パネル展示もあって、その影になっていて

パッと見ぃ、目に触れない所にあったんです

いろんな配慮がされているんだなと思いました

f:id:geppeiteatime:20171212205935j:image

 

ツリー点灯を見にいく

後日、たまたま点灯時間17:30ちょっと前に

この辺りに居たので、行ってみることにしました

▼メリケンロードを海方向へ下りていきます

f:id:geppeiteatime:20171212172237j:image

 

▼「メリケンパーク 」碑もおそらく今年作られたはず

f:id:geppeiteatime:20171212172252j:image

 

▼昼間とはまた違った感じですね

f:id:geppeiteatime:20171212172308j:image

 

動画を撮りましたが、キリトリ写真をお届けします

▼点灯直前

f:id:geppeiteatime:20171212172346j:image

 

▼ふわっと下から光が当てられ

f:id:geppeiteatime:20171212172407j:image

 

▼先ずは「緑」に

f:id:geppeiteatime:20171212172421j:image

 

▼その後は、色んな色の照明に照らされ

f:id:geppeiteatime:20171212172502j:image

f:id:geppeiteatime:20171212172528j:image

f:id:geppeiteatime:20171212172544j:image

 

とっても綺麗でしたよ!

あすなろの木自体には何の飾り付けもされず

周りから照明が当てられるという感じです

 

f:id:geppeiteatime:20171212172601j:image

 

人によって意見も好みも、まちまちでしょうが

私は、この木が尊重されているような印象を持ちました

 

f:id:geppeiteatime:20171212172629j:image

 

一人ひとりの願い事が書かれたオーナメントが

紐に連なります

 

f:id:geppeiteatime:20171212172646j:image

 

メリケンパーク の入場見学は無料です

オーナメントの販売と回収は、パーク内の温室みたいな仮説ショップで受付してました。

一枚@500円です。

期間中、できるだけ早くお届けくださいとのことです。

めざせ!世界一のクリスマスツリー

 

f:id:geppeiteatime:20171212172702j:image

▲ツリー展望台(植木鉢の上)もお一人@500円です

 

f:id:geppeiteatime:20171212172724j:image

▲イルミネーションのトンネル

 

f:id:geppeiteatime:20171212172750j:image

 

▲▼パーク内のショップには、ワインドリンクやバームクーヘンや、雑貨など販売しています。

写真は、「育てるクリスマスリース

小:@3,900円。大:@7,700円

 

f:id:geppeiteatime:20171212172810j:image

 

なんだか夢がある、素敵なイベントやと

私は思います

批判したはるそこのだんさんも、一目ご自身の眼ぇで見てみておくれやす、あるいは眼で見ゃんでも肌で感じるもんありますよって

 

f:id:geppeiteatime:20171212172826j:image

神戸ポートタワーやで

f:id:geppeiteatime:20171212172844j:image

 

かく言う私は

イルミネーションに興味はない(笑)

ただ、批判するよりも、皆んなで良いものを創りあげるための意見交換というスタンスを持てないだろうか。

 

geppeiteatime.hatenablog.com

  

 

お題「イルミネーション」